新築マンションの住み心地・住んでみて感じた「良かった点」と「失敗」

分譲新築マンションに住んで感じた「良かった点」(メリット)と「失敗」(デメリット)。特に「失敗」については、実際に住んで初めて分かることが多いというのが実感です。今回、実際住んでみた住み心地について、「良かった点」と「悪かった点」に分けてまとめてみました。

狭い部屋の必需品・掃除機を使わない「ポンプ付き圧縮袋」

圧縮袋といえば、少し前までは掃除機を使用するタイプが主流でしたが、今では手動ポンプ付きや電動ポンプ付きのもの、手で巻いて圧縮するタイプ、吊るすタイプの衣類用圧縮袋など様々な圧縮袋が存在します。今回は、Kitsureのポンプ付き布団圧縮袋を実際に使用してみました。

【2年目定期点検】アフターサービスで申告したら取替えてもらえました

新築物件を購入したら行われるアフターサービス(定期点検)。アフターサービスは所有者が不具合箇所を申告することで、無料で修理してもらえます。最後のアフターサービス(2年目)の際、「もしかしたら経年劣化かも」「使用方法が悪かった?」とだめもとで修理を依頼した箇所が新品に取り替えてもらえました。

浴室【排水口そうじ】の救世主となるか?「カビハイター排水口スッキリ」の実力は?

浴室排水口の排水トラップ内にある整流ブロックに溜まるヘドロ(石鹸かす?)。浴室のマニュアルには月1回掃除するように書かれていますが、ヘドロ特有の匂いもあるし汚いしでとてもイヤです。「カビハイター排水口スッキリ」が救世主となり、排水口の掃除は粉を振りかけて待つだけで良くなるのでは?と淡い期待を寄せて試してみました。

新築でも未だに【上階からの騒音問題】ってあったの!?

「今時の新築分譲マンションは、上階からの生活音は聞こえてこないものだろう」と信じて疑っていませんでした。現在のテクノロジーで、上階からの騒音問題は既に解決していると思っていたのです。しかし実際に住んでみると、かすかながらも、上の階の住人の生活音が時々聞こえてくるではありませんか!

オプション設置不良!「物件引渡し後に修正したい」と依頼される

新築マンション購入の際にオプションで注文した壁掛けタイプのコレクションボックス。物件納入直前にインテリアオプション担当者から「設置が右下がりになっている。修正したいが間に合わないので納入後の修正になる」と連絡が。しかも間違って打ったビスの穴は開けっ放し。オプションなのに壁は直してくれないの?

私だけ!?知らなかった!自分の家の設備

新築マンションに入居すると、各メーカーのマニュアルが分厚い束となって置いてあります。読む気がなくなるレベルの多さです。そもそも「トイレやキッチンの使い方なんて知ってるよ」とあまり読む気もおらないマニュアルもあります。しかし、入居して2年。知らなかった、気が付かなかった設備のことがいろいろ出てきました。

【トイレの吊戸棚】縦長の空間は何のため?

トイレの吊戸棚は高いところにある上、便器が邪魔になってうまく近づけず、奥の方の物は取り出しにくいですよね。うちの吊戸棚には、やけに縦長のスペースがあり、「棚板があればもっと便利なのに」と常々思っていました。新築マンション購入後の定期点検で、遂に担当者に聞いてみて理由が判明しました。

リビングボードの上に【エコカラット】を少し乗せて設置

家具の背面にエコカラットがあるって素敵ですよね。家具を壁に固定してしまう場合は、エコカラットを壁全面に貼る必要はありません。まず家具を壁に固定して、残ったスペースにエコカラットを貼る方法もあります。この場合、エコカラットを貼る面積を減らせるので費用も抑えられます。

【オプションで失敗】システムキッチンの統一感がダウン

新築マンション契約後に訪れるオプションの申込み。「無償セレクト」でキッチンカウンター天板の高さを標準から高くし、「有償オプション」で食洗機を標準設備のミドルタイプからディープタイプへ変更しました。この2つのオプションの組み合わせが悪かったらしく、キッチンカウンターの底の位置が一部ズレてしまいました。