【駐輪場不足】駐輪スペースを1台分返さないといけないことに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションの駐輪場は足りていますか?

うちのマンションの駐輪場は、1世帯当たり1~2台分の駐輪スペースしかありません。(全世帯が2台は持てない)

最近は車を持たない人(主に若者)が多くなってきていて、反対に健康志向で自転車に乗る人が増えてきています。

よって、「駐輪場はきっと不足する!」とは前々から思っていました。

駐輪場を借りる契約では、

駐輪場を1台分も借りていない世帯が駐輪場を借りる際に空きがない場合、多く駐輪場を借りている世帯が駐輪場を返さないといけない

となっていました。

「駐輪場を返すってどういうこと?」

「既に持ってる自転車はどうすればいいの?」

と疑問は残るものの、とりあえずこのことは見てみぬふりをしてきました。

ところが遂にその日が来てしまいました・・・我が家の駐輪スペースを1台分、明け渡さないといけなくなってしまったのです。

駐輪場を返納しないといけなくなるまで

まずは軽い内容の案内が全世帯に届く

マンションの駐輪場を借りている全ての世帯に手紙が投函されました。

「駐輪場を1台分も借りていない世帯が駐輪場を借りたい。

しかし空きがない。

駐輪場を明け渡してもいい人は、名乗りをあげてください」

といった内容です。

「遂にこの日が来てしまったか!」と軽くショックを受けましたが、

「もしかしたら中には無駄に自転車を持っている人がいて、この手紙をきっかけに自転車を破棄するということもありえるかも・・・」と淡い期待を寄せました。

管理会社から電話がかかってくる

案内が届いてから1カ月くらいたったある日、管理会社から電話がかかってきました。

「駐輪場についてのお手紙をポストに入れておいたのですが読んでくれましたか?」といった内容の話から始まり、

「結局、駐輪場を空けてくれる人は現れなかった」となって、

「駐輪場を多く借りている世帯で抽選したところ、〇○さん(我が家)に決まりました」と言われました。

ショック!!

私「駐輪場を空けるといっても、今の自転車はどうすればいいんですか!?」(半ば怒り気味)

管理会社「どこか別のところを探していただくか、どうにかしていただくということで・・・」

管理会社の人もかけたくない電話をわざわざかけてくれているわけですし、この件については管理会社のせいではないのですが、こちらの口調はついきつめになってしまいます。

そして、我が家のくじ運の悪さと自転車をどうするかで途方にくれます。

猶予は1カ月近くあり、約1カ月後までに自転車を移動させればいいそうです。1カ月経っても新たな駐輪場が見つからない場合は、仮置き場としてしばらく置いておいていい場所を教えてもくれました。

「駐輪場の使用申込・終了届」がポストに届く

本来的にはこの書類は、駐輪場を新たに借りる人や使用を辞める人が届ける書類ですが、強制的に辞めさせられる場合も提出が必要なようで、提出を求められています。

駐輪場の使用を終了させたいわけでは全くないので、どうも記入する気になれません。

駐輪場不足に「他のマンション」はどうしているの?

駐輪場が不足しているマンションは数多くあるようで、同じような悩みを体験している人は沢山います。他のマンションがどう対応しているのかを調べてみました。

駐輪場を値上げする

マンション内の駐輪場は、かなり安い値段で設定されている場合が多いようです。ひと月あたり、1台で数百円(400円や500円)といった場合が多いのではないでしょうか。

駐輪場が不足しているマンションで、1カ月あたり1,000円くらい(1台につき)に値上げしたところ、不足が解消したマンションがあるようです。

確かにこれは効果がありそうです。「うちのマンションも1000円、いや1300円くらいに値上げしてみては!」と個人的には思ってしまいます。

スライドレールや2段式ラックを設置する

我が家のマンションは既にスライドレールにも2段式ラックにもなっているので、この方法では駐輪スペースは増えません。

しかし、ラックになっていない駐輪場(線が引いてあるだけ等)の場合は、駐輪場にラックを設置するだけで駐輪スペースが増えるので、かなり有効です。

マンションの共有自転車を置く

「自転車は持っていたいけれど使用頻度は低い」という人はとても多いのはないでしょうか。

そういった場合には、マンションの人たちで共有できる自転車があれば、個人で持つ自転車の数を減らすことができます。

ぜひうちのマンションにも共有自転車を設置してほしいものです。

何もしない

駐輪場が不足していても、結局「何もしない」マンションがとても多いようです。というのも、駐輪場が不足するのは子育て世代が多い時期だけだからです。

駐輪場が必要なのは、主に母親と子供たちが中心です。特に子供は「自分の自転車」がほしい上に、年齢や身長によって乗れる自転車が変わるので、子供の人数だけ自転車が必要になってきます。

そこで、駐輪場が不足しているからといって無理に駐輪場を増やしても、子供たちが巣立っていってしまうと結局駐輪場が余ってしまうのです。

駐輪場不足に「個人」はどうしているの?

車のトランクに入れる

折り畳みの自転車を購入して、車のトランクに入れている人もいるようです。平置きの駐車場の場合はこの方法もアリですが、機械式の駐車場の場合は自転車の出し入れがかなり面倒になります。

車のトランクの他にも、玄関前のポーチやベランダに置いている人もいるようです。(規約的に置いてもOKなのかは謎ですが)

駅前などにある月極駐輪場を借りる

すぐそばに月極駐輪場があればいいですが、マンションから駐輪場が離れている場合はかなり面倒ではあります。

シェアサイクルを利用する

最近いろいろなところにあるシェアサイクル(自転車シェアリング)

あまり自転車に乗らない人は、シェアサイクルを活用するのもいい案です。事前に会員登録が必要な場合もありますが、1日会員や1カ月会員なども選べたりするので、近くにシェアサイクルのサイクルポートさえあればかなり便利です。

捨てる

駐輪場が確保できなければ、もう捨てるしかありません。

大きいめの自転車は一旦捨てて、折り畳みを購入して車のトランクや自分の部屋(ベランダなど?)に保管するか、もう買わないでシェアサイクルを利用するか・・・

我が家もとりあえず「一旦捨てる」ことになりそうです。

最後に

駐輪場が不足しているマンションは、とりあえず共有自転車を置いたらいいと思います。(もはや私の願望です)

それでも駐輪場が足りない場合は、ラックなしの駐輪場はラックを設置する。ラックが既にある場合は、駐輪場代を値上げする。

これらは全て理事会、総会を通して決定しないといけないので時間がかかります。

個人としてできることは、自宅に置くか、外で駐輪スペースを借りるか、シェアサイクルを活用するか・・・くらいでしょうか。

我が家は、1台分の駐輪スぺースを返納しなくてはなりません。どうするかはまだ決めていませんが、とりあえず自転車は1台捨てて、シェアサイクルを利用するのが手っ取り早いかと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする