マンション記録一覧

【マンション理事③】代理で理事会に出席しました

分譲マンションを購入すると回ってくる管理組合の役員理事。役員理事はマンションの区分所有者しかなれないマンションも多いので、区分所有者が多忙や病気の場合、役員本人はなかなか理事会に出席できません。今回、同居の家族が実際に理事会に出席してみました。

【花の定期便②】初回が届いたものの・・・

ブルーミーライフでお花の定期便の「お試しコース」を試してみました。お試しコースは500円(別途送料250円)で、毎週か隔週かを選べます。花束がポスト投函された様子や、どんなお花が届いたのか、お花の状態などの記録を記載しています。

【マンション理事②】同居の家族も理事になれる?

分譲マンションを購入して、遂に回ってきてしまった理事会の役員。区分所有者が役員になるのは基本ですが、所有者が多忙や病気などで役員になるのが困難な場合、同居の家族が代わりに役員になることは出来るのでしょうか?また、「役員は所有者のみ」と規定されているマンションで、代理人が代わりに活動することは出来るのでしょうか。

【マンション理事】まさかの当選。断ることは出来るの?

マンションの理事会に出席する役員は、輪番制、立候補、抽選などの方法で選ばれます。大規模マンションであっても、たとえ当選確率は低くても誰かは役員に選ばれます。もし選ばれてしまい、しかも役員が出来そうにない状態の場合、果たして断れるのか。結論、断ることは出来なくはないです。

【トイレ】電気消し忘れ・水出しっぱなし問題

トイレの便座のオート開閉、オート洗浄を導入してからというもの、トイレの電気の消し忘れが多発しています。トイレの水道の出しっ放しも何度かあり困っています。これはきっと「オート開閉とオート洗浄に頼っているから、脳がうっかり電気も水道も自動だと勘違いを起こしているに違いない」と思っています。

家の中は【フィルター】だらけ!

いろいろな電化製品についているフィルター。放置すると目詰まりして製品の性能が低下するばかりでなく、故障の原因にもなり得るので厄介です。新しいマンションには最新機能が備わっているため、24時間換気システムや電動給気シャッターなど、予期していなかったフィルターもあります。

【後悔】2年目定期補修での申告し忘れ

新築マンションを購入したら訪れる定期アフターサービス。アフターサービスの期間内なら無償で不具合を補修してもらえます。専有部分の標準設備だけでなく、オプションで設置したものについても保証期間は2年の物が多いので(1年の物も)、定期アフターサービスと同時期が最後の無償補修となる場合が多いです。

新築マンションの住み心地・住んでみて感じた「良かった点」と「失敗」

分譲新築マンションに住んで感じた「良かった点」(メリット)と「失敗」(デメリット)。特に「失敗」については、実際に住んで初めて分かることが多いというのが実感です。今回、実際住んでみた住み心地について、「良かった点」と「悪かった点」に分けてまとめてみました。

【2年目定期点検】アフターサービスで申告したら取替えてもらえました

新築物件を購入したら行われるアフターサービス(定期点検)。アフターサービスは所有者が不具合箇所を申告することで、無料で修理してもらえます。最後のアフターサービス(2年目)の際、「もしかしたら経年劣化かも」「使用方法が悪かった?」とだめもとで修理を依頼した箇所が新品に取り替えてもらえました。