いらないオプションNo1「水廻りコーティング」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築マンション契約後のインテリアオプション会で悩む人も多い水廻りコーティング

「せっかく新築を買ったんだから、マンションを綺麗に保ちたい」と誰もが思うであろう心につけ込んだ?オプションです。

オプション会で勧められるコーティングは、普通に使用すれば効果が2~3年程度持続すると説明されるため、「本当か?」と少し疑問に持ちながらも、「掃除が楽になるのかも」と心惹かれます。

うちのマンションの場合、キッチン、洗面台、浴室の3点セットで10万円強でした。

「水廻りコーティングやりたい!でも高い!!」

悩み抜いた結果、水廻り3点セットをお願いしました。しかし、今思えば「何の役に立ってるんだ??」と疑問だらけです。正直お金の無駄だと思うので、ここに記載しました。

そもそもコーディネーターさんは勧めてきたのか?

担当のコーディネーターさんはガツガツした人ではなく、むしろ、どのオプションも向こうからは全く勧めてきませんでした。こちらから「○○ってどんな感じですか?」と質問すると初めてそのオプションについて説明してくれる感じです。

そのコーディネーターさんは、水廻りコーティングのよい点(掃除が楽など)も教えてくれましたが、悩んでいる私を見て

「掃除をマメにするんだったら、なくても大丈夫ですよ

とも言ってくれました。何度も。

「マメに掃除するタイプではないしな」

「ネットの情報では賛否両論あるけど、結局水廻りコーティングやってる人って多いみたいだから、うちもやっておいたほうがいいかなあ」

水廻りコーティングはやらなくても大丈夫そうではあるけれど、とりあえずやっておいたほうが安心。そんな日本人的な考え方で水廻りコーティングをお願いすることにしました。

手渡された水廻りコーティングの「注意点」

見積書をもらう際に、注意点を記載した1枚の紙が手渡されました。

そこには、

水廻りコーティングはメンテナンスフリーではない

といったことや

防汚効果を高めるものであって、キズ防止やツヤの保護を目的としていない。防カビ効果もない

また

水や汚れを放置すると染み込んでしまう可能性がある

といったことが書かれていました。

「完璧ではないよ」「掃除はもちろん必要だよ」といった内容が書かれていたわけですが、

普通にお使い頂ければ効果は約2~3年程度持続します

この一言に気持ちが集中してしまい、

「たぶん、掃除はササッとやるだけで大丈夫なんだろうな」

という意味に、私の中で勝手に解釈してしまっていました。

水廻りコーティングの効果は?

正直、水を使用する掃除はあまり好きではありません。賃貸生活の時から出来るだけ手を抜き続けています。

よって、購入した新築マンションに入居後もいつものように手を抜き続けてしまいました。

キッチン:カウンター天板

天然石のカウンター天板にコーティングを施工してもらいました。入居から2年経ちますが、今のところ何も問題はありません。油汚れは普通に落ちにくいですが、特別落ちにくいわけでも、落ち易いわけでもなく、普通です。効果が感じられないということは、「効果がある」ということなのかもしれません。

洗面所:「洗面ボウル」の場合

陶器で出来ていると思われる「洗面ボウル」に施工してもらいました。

特に洗面ボウルには効果を期待したのですが、普通に「水垢」は付きますし、放っておくと「赤カビ」も発生します。

週に一度くらいはスポンジで掃除しないと「赤カビ」が目立ってきます。

しかし、「水垢」はスポンジでこすったくらいでは落ちません。水廻りコーティングをした箇所は、研磨剤を含んだ洗剤やメラミンスポンジは使用できません。コーティング被膜が剥がれる恐れがあるからです。

よって、中性の粘土質のクリーナーを洗面台の水垢掃除に使用しています。

「でもこれって、普通の掃除じゃない?」

「コーティングしても相変わらず薬剤使って念入りに掃除しなきゃいけないの?」

「コーティングしなくても結果は同じでは???」

と疑問だらけです。

前向きに考えるとするならば、入居から最初の半年くらいは汚れは付きにくかったような気がします。

洗面所:「洗面化粧天板」の場合

天然石の天板に水廻りコーティングを施工してもらいました。キッチンカウンターと同じ天板です。キッチンの天板は特に問題なかったのですが、洗面所の天板は「水垢」で悩まされています。

洗面所で水を使うたびに、手についていた水が天板に落ち、水栓の周りに水が溜まります。また、うっかり水を水栓廻りに飛ばしてしまうことも多々あります。その溜まった水が水垢になり、シミになっています。

洗面台水垢

※分かりにくい画像ですが、水栓の周りの天然石に白いシミのような模様(水垢)が出来ています。

天然石の表面にはツヤがありツルツルしています。そして、メラミンスポンジが使えません。酸などの薬剤も使用できません。初期の水垢は、爪や固いものでカリカリとある程度はこすり落とすことが出来ます。しかし、しばらく放置してしまうと後の祭り。とても取れそうにありません。頑固に固まってしまうと、業者に頼んで磨き直してもらうしかないようです。

「コーティングしたのになぜこんなことに!?」

洗面所の天板の水垢は目立つだけにとても残念です。ここで是非コーティングに力を発揮してもらいたかった!!

キッチンは私一人しか使用しないので、使用後は拭いておけばOKです。しかし、洗面台は私以外も使用するので厄介です。水で濡れていることに気が付いた時は拭いているのですが、見張っているわけにもいかないのでとても拭ききれません。

最初の半年を過ぎたくらいから汚れが目立ってきたので、効果があったのは半年程度といったところでしょうか。

浴室:壁面・天井ほか

浴室は、壁面・天井・化粧棚・浴槽エプロン・浴槽ふち廻り・排水口廻りが施工箇所です。

今、こうして施工箇所をパソコンで打ち込んで気が付いたのですが、「浴室の床」が施工箇所に含まれていない!インテリアオプション価格表の「水廻りコーティング」の箇所にも「床タイルコーティング」の箇所にも「浴室床」は載っていません。プランがそもそもないようです。

てっきり今の今まで、「浴室の床」もコーティングされていると思っていました。

「浴室のコーティングって、浴室の床がメインじゃないの??」

もう驚きです。

ちなみにマンション施工・販売は誰もが知っているデベロッパーです。

では、とりあえず浴室床を除いた箇所のコーティングですが、赤カビや黒カビは発生しますし、その時は塩素系の洗剤で撃退です。「コーティングなし」とやることはあまり変わりません。

また、浴室にも天然石が使われています。浴室の天然石にも水垢は付いてはいるのですが、ほとんど目立ちません。浴室全体が水に濡れるので、まんべんなく水垢が付いているということなのでしょうか?天然石がくすんできているようにも見えません。

浴室のコーティングは、「思ったほどではないけれど、もしかしたら少しは効果があったのかも」という感じです。

ちなみに、「浴室の床」がとんでもないことになって困っているのですが、水廻りコーティングに含まれていなかったようなので、その話はまた後日。

まとめ

水廻りコーティングは、

・最初の半年くらいは特に問題はなかった。(効果があったのかも)

・しかし、値段に見合った効果はないように思う。

・決して安くはないので、施工してもらうか悩んでいるのなら、やらないのも手。やってもらっても、それなりの掃除は必要。

・ただし、やってもらうことで、なんとなく「心の安心」を得ることが出来るので、「安心料」を払うといった感じ!?

「高いお金払ったのに、期待した効果があまりなかった!!」と悔しい思いもしていますが、万が一、また新築マンションを購入する機会があれば、「安心」を得るためにまたお願いしてしまうんだろうな・・・とは思います。

ただ、オプションを何か削りたいと思っている人は、水廻りコーティングは削って可だと思います!!


マンションランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする